スピルリナでうつが改善できる?

体内に必須アミノ酸のフェニルアラニンが不足すると、原因のない不安感や恐怖感、記憶のない行動、睡眠不足、平常心の欠如など、うつ病に起こり得る症状が現れるます。

 

フェニルアラニンは、体内で生成が出来ない成分なので不足しがちになってしまいます。

 

スピルリナには、このフェニルアラニンが含まれているので、摂取することにより不足を補い、うつ病の症状を改善する効果が期待できます。

 

また、スピルリナには脳内機能の正常化に働きかけるビタミンB群も含まれていて、うつ病の予防や改善に機能ができます。

 

スピルリナに含まれているフェニルアラニンですが、この成分が体内に不足するとなぜうつ病の症状などが発症してしまうのかは、ドーパミンやアドレナリン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の元になるのが、必須アミノ酸であるフェニルアラニンだからです。

 

ドーパミンは、気分を高めやる気を出すという働きがあり、分泌量が正常だと集中力が高まり行動的になれます。

 

アドレナリンは、緊張や恐怖、不安感などに関係している物質の為、不足するとうつ病の症状が現れるケースがあります。

 

また、人間が生きるために必要な本能を刺激する働きもあるので、安定した分泌量が大切です。ノルアドレナリンも、アドレナリン同様の働きがあり、記憶力や集中力を高める働きもあります。

 

また、アドレナリンに比べ精神や感情に働きかける力が強いので、ノルアドレナリンの分泌量も安定させる必要があります。

 

これらの脳内神経伝達物質は、重要な役割を持っているだけに、元になるフェニルアラニンは大切な成分で、それを補えるスピルリナは、うつ病予防や改善に効果が期待できる成分です。

 

健美の極みの口コミと効果はどうなの?